救急救命士の番組

海外の、救急救命士の24時間、みたいな、日本にもあるような番組を見てて涙が出ました。
電話を受けてその家に向かうも、もう既に亡くなっていたんです。
電話をしたのは亡くなった人の彼氏。
「残念ながら亡くなっています」とy伝えるも、とにかく泣くばかり、、、本人も亡くなったのはわかっていて、、、、ただただ泣く。。声を出して。
最後に「彼女を抱きしめていいか?」って聞いて「もちろんです」と言うと、部屋に入り、動かなくなった彼女を抱きしめておいおいお、、と泣く、泣く、泣く。
それを聞いてて私も泣いたけど、救命士のひとも別の部屋で泣く。
辛いよねーー、助けてあげることができなかったって。
あんなに泣かれてしまうと、、きついよねーー。
全てがそんな感じでしたよ。
その時は、案外元気に運ばれて入院しても、そのあと亡くなった、、とかね。
救命士ができることは全部してるんだからしょうがないんだけど、、、あんな現場に毎日立ち会っていると、やるせないよねーー、とにかく泣けた番組でした。
救命士の皆さん、ありがとうございます、これからも頑張ってくださいね!

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、りのが2021年11月 1日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「太めのズボン」です。

次のブログ記事は「そう言われても。。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。