インドの事情

今もあるみたいですけど、映画「ライオン」の最後の説明に出てきたことが気になって
調べていたら分かったのですが、人身売買が横行してるんですねー。
それってどんな得があるのだ?
子供を誘拐して売る、ということなのですが、売る人はお金がもらえる、
うんこれは分かる。
でも買った方はその子供をどうするの?
素朴な疑問です。
頭が平和すぎるのかもです、すみません。
その子供はどうも乞食としてお金をもらって、それを「親」に差し上げる、
ってことみたいなんだけど、逃げることだってできるだろうに。

でもそうじゃないみたいです。
ある人が自分の体験記を書いていて、それによると、
「生まれた時からそういう生活をしてる」から、逃げるって事も考えつかないし、
それが仕事として生きているので、親から売春を強要されているとも思っていないようなのだ。

子供が多い路地裏の匂いは公衆便所のようだ、って言ってました。
すごいねー。
そんな世界があるなかで、少しでもそんな子をへらそうと
インドから養子縁組をする外国人がいることに涙が出ます。
引き取って我が子として育てていく、覚悟がないと出来ないですよ。
もっとインドを知りたいって思いました。

このブログ記事について

このページは、りのが2019年7月 1日 01:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アクセス」です。

次のブログ記事は「オウムの本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。