熱きジャーナリストたち

映画「スポットライト」を見て、彼らは今もボストン・グローブ社で働いているとのことで、
とてもたのもしくおもいます、、会ってみたい!
誰に?って、ミスター・レゼンダス、でしょーー?
あの映画は誰が主役っていうのはないんだけど、でもだんぜん目立ってましたね、
あのやりにくい弁護士、ミッチ・ガラベリアンとのやり取りが印象的ですし、
彼があのスクープをとったといってもいいくらいの働きです。

彼は全米で引っ張りだこだそうです。
今も同じスポットライトにいるってことなので、行けば会えるのではないかな。
女性はいったんはテレビの仕事に移ったみたいだけど、
今は再びグローブ社で活躍しているって聞いています。

もうひとりいるけど、彼もいるんじゃないかなー。
家の近くにたまたま見つけた牧師の家っての、、、本当のことだったらしくて、
非常に驚いたって言ってますね、なので映画の中のおふぉろきは事実なのだ。

あんなジャーナリストたちがいるなかで、今はこういう世の中なので、
ガセネタでもなんでも記事にしちゃうんだけど、スポットライトは今でも根拠を大事にしていて、
しょうこか為からするそうです。
時間かかて取材もしてるし、確かなものを書いてる。
新聞は読まないけど、でもそんな人たちがいる会社の新聞って信ぴょう性があっていいですね。
あの映画は傑作ですが事実で、たんたんと話が進むところも大好き、
何度も見ていまーーす。

このブログ記事について

このページは、りのが2019年5月 1日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お気に入りのもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。