見てしまったー。

エベレストで遭難した人の写真を見てしまいましたー。
(見ない方がいいですよ)
ちょっとね、用事があって見なくてはいけなくて。
そのまんまあるんですねー、ミイラ化してたりしますけど、そのままです。
着ている服もそのまま。それで誰かってのが分かる判断にもなったみたいです。

そんな中、イギリスの登山家の遺体もあるのですが、問題になっているのは、
当時30人以上の登山家が枯れの横を通り過ぎていて、
しかもその時はまだ彼は生きていた、ってことみたいです。

見殺しにしたのか、どうしようもなかったのか、、これは確かに問題ですね。

人を援けようとしたがために自分の命が怪しくなることはおおいにあるんだけど、
でも問題視されてるってことは、あまりにも多くの人がいたのに誰もなにもしなかった、
ってことではないかなって思っています。

登山家は「そこに山があるから」昇るんだけど、
何を想って昇っているのか。(山??)
それに、危険を冒してまで山頂に行くことにどんな喜びがあるのか、
私には分かりません。。

このブログ記事について

このページは、りのが2019年3月 1日 01:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「物販の会社」です。

次のブログ記事は「お気に入りのもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。