2013年6月アーカイブ

豪華客船にのってみたい

今一番興味がある事。それは、豪華客船に乗って、世界一周旅行をしてみたいです。日本を出発して、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカ大陸の港に停泊して、日本に戻ってきたいです。もちろん、船自体も設備が整っていて、プールやジム、レストラン、カジノなどが併設されていて、もはや一つの街といったイメージをしています。

もちろん、旅費とかは数百万円になると思いますが、人生で1回くらいはこういった旅行をしてみたいものですよね。また、歳をとってからではなかなか難しいと思うので、できることなら早くいきたいですね。あと、できればその客船で看護師として働きながら世界1周するっていうのも悪くないかも!お仕事をしながら、趣味も兼ねれたらとーっても素晴らしいことですよね。

ってことで、色々とサイトを見てみて、船の看護師求人事情を探してみたのですが、なかなか見つからない。。。船医の募集はちらほら見つけるのですが。うーん、お医者さんってうらやましいね。とはいえ、倍率はものすごく高いんでしょうけどもね。

やっぱり恋愛を楽しみたい

40代にもなると以前はちらほらあった見合い話さえも来なくなっちゃいます。

そのうち私にもきっといい出会いがある...そんな風に思ってどれだけの年数が経ってしまったことか。

最近になっていくらなんでも私もあせりが見えてきたわけで...結婚、本当に出来るのかなって不安ばかりが押し寄せてきます。

早くしないともう子供を生むことも出来ないんじゃないかな...。

年々高齢出産が多くなってきてはいるもののやっぱり看護師という職業がら高齢出産に対してのリスクの高さもしっかり勉強ができているわけだから...。

もしかしたらすでにもう出産ということをあきらめたほうがいいのかもしれないよね。

となると結婚する相手はどうしてもしぼられてしまう。

再婚で子持ちだったり自分よりかなり年上だったり...。

いくらあせっているとはいってもやっぱり普通に恋愛を楽しんだ末の結婚...というものを夢見てしまうんですよね...。

 

産業カウンセラーの保健師求人

産業カウンセラーの保健師求人ですが、心理的技法を扱う仕事の求人となります。働いている人が抱えるストレスや悩みを解消、軽減させて自分の力でそれらの問題を解決に導けるように手助けするのが産業カウンセラーの保健師求人内容です。社団法人日本産業カウンセラー協会もこれが仕事内容であると定めているのですが、中小企業、大手の企業で働いている人が多く求人もこちらから出ていることが多いです。保健師としてとてもやりがいを持つことができる仕事といってもいいでしょう。産業カウンセラーの保健師の仕事内容はとても多種多様化していて、大半は健康診断の後に指導をすることで手がいっぱいという話も聞いているのですが企業の中で働いている人としては、仕事の合間に保健室へ行って話を聞いてもらうことは気がひけるということで保健師の産業カウンセラーに悩みを相談したいけれどできていないのが今の現状でそれが課題といわれています。

日本において保健師の産業カウンセラーの数は少ないので、産業カウンセラーの保健師求人数は増えていて需要は高まっています。どこの会社でも産業カウンセラー獲得のために必死になってる背景があります。企業というのは大きく発展するためには仕事量も増えますし従業員一人ひとりのストレス、健康の維持が厳しくなるのが落ちです。保健師の指導はとても重要視されるのです。100人から1000人規模の会社に1人の産業カウンセラーまたは保健師を従事させることは義務で決められているのでこれから保健師が活躍できる場所がないと困ることはないといってもいいでしょう。

企業保健師の仕事はカウンセリングで健康指導をしたり、保健指導をすることもあります。マンツーマンでカウンセリングをすればストレスを軽減することもできますし、話を聞いてもらえて楽になったという安心感も出てきますので、従業員のモチベーションを維持することにもつながるのです。

こうした背景もあり、産業カウンセラーは今とても重要な仕事ですから需要も高いのですが、残念なことに普通の求人情報で求人を探すのは難しい状態です。倍率が高い仕事なので求人に掲載する際は非公開にしていることが多く信頼できる紹介会社にのみ公開しているケースが多いでしょう。ですから産業カウンセラーの保健師求人をもし探したいと思っているのなら、転職支援サービスや人材紹介会社を利用するといいでしょう。一般には出回っていない非公開の求人も多数取り扱っていることもあります。(産業保健師の求人についてはこちらから

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。